キャッシングの法律改正による影響について

キャッシング業に関わる法律が、一部改正されたことがありましたが、それによって変わったことは、どこなのでしょう。

キャッシング業界にとっては、法律が変わったことで、どちらかといえばプラスの影響のほうが大きかったと言われています。

総量規制という法律が定められたことで、借入金額は3分の1までとなってしまいました。

借入金は、返済可能な金額に留めておけるように、借り入れの限度を定めました。

古くから借りている方は、年収を超える借入をしている方も普通にいましたが、現在は借りることはできません法律改正によるメリットには、金利の大幅引き下げもあります。

法律改正

金利の上限と相場

キャッシングの金利は、利息制限法により20%が上限になっています。

出資法の29.2%という金利を基準にしていた人からすれば、利息制限法の20%というのは格段の差です。

かつてキャッシングを利用していた人が、グレーゾーンが撤廃された現在のキャッシングを利用しようとしたら、低金利ぶりに驚くのではないでしょうか。

低い金利で融資を受けることができれば、それだけ、支払うべき利息が少なくで済みます。

昔は高金利とされた消費者金融も、現在はほとんどが18.0%以下の金利となっているようです。

銀行は昔と金利水準に大きな差はなく、15.0%以下で融資するところが多いのが特徴となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加